天然酵母と国産小麦の自然派パン工房  
  あなたのカラダとココロに優しい   そして あなたの愛する人にも優しい
天然酵母と国産小麦のヘルシーパン教室
 
line decor
    HOME  :: ホシノ天然酵母クラス :: 自家製レーズン酵母クラス :: 季節の酵母 :: 風見鶏講習会 :: スケジュール :: アクセス
line decor
                 
 
 

講師紹介
山田密穂(やまだみつほ)

埼玉県蕨市生まれ。大学で図書館情報学を学んだのち、司書として4年間富士見市 図書館に、8年間さいたま市立図書館に
勤務。公務員時代に心身症で摂食障害に苦しんだ経験から、食の大切さ・難しさに目覚め、天然酵母パンの道に進む。
在職中より、天然酵母パン教室の草分け的存在といえる千駄ヶ谷「トゥルナージュ・イン・ザ・クラス」に通い、公務員退職後
同校本科・師範科認定ライセンス取得、「トゥルナージュ」神宮前にて修行。
書籍「東京こだわりのパン屋さん(山と渓谷社)」「東京のおいしいパン屋さん(メイツ出版)」、雑誌「CREA・パンの王国
(文藝春秋)」、 TV 「ナイナイサイズ」、 「ザ ! 鉄腕DASH」など、多くのメディアで紹介されている「トゥルナージュ」。
同店秘伝のレシピをお教えできることはもちろん、よりヘルシーで美味しいパン作りを目指 して日々レシピ開発に励む。
安全・安心で、かつ美味しいパンづくりを目指すとともに、製パン理論やプロセスを分かりやすく、楽しくお伝えできる教室を
さいたま市南区で開校中。

2005.5 トゥルナージュ・イン・ザ・クラス 天然酵母パン師範科本科修了
2006.8-2007.10 さいたま市内岸町コミュニティセンター・プラザイースト・プラザウエストにて天然酵母パン教室を定期開催 
2007.5 埼玉県食品衛生責任者資格取得
2008.4 さいたま市南区の自宅に教室を開校
2008.6 パン工房[風見鶏]製パン講習会事務局開設
2009.10 日本創芸学院「手づくりパン講座」撮影協力・テキスト執筆
2012.5- NPO法人「わらび学びあいカレッジ」にて講座を開始
2012.9 食育コーディネーター(NPO法人食育研究会MoguMogu主催)認定取得
2012.10 日本創芸学院「学習指導員講習『手づくりパン』指導の手引き」テキスト執筆
2013.6 日本創芸学院「パン教室開業講座スクーリング」講師
2013.10 日本パン技術研究所「発酵種アドバンスコース」修了
2014.6 日本パン技術研究所「リテイルベーカリーアドバンスコース」修了

その他のworksは、こちらをご覧ください。

 

工房名‘ぷれっちぇる’の由来

私が大学卒業後、司書として初めて配属されたのが、埼玉県富士見市の小さな分館でした。そこは、小学校の空き教室
を3部屋分改装して作ったという、全国でも珍しいスタイルの小規模図書館で、その小学校の敷地内、図書館の目と鼻の
先に学童保育所がありました。
そこには、小学1年から6年生まで、さまざまな子どもたちが来ていました。親御さんがお仕事をお持ちで、寂しい気持ち
がありながらも、子どもたちは元気いっぱい。大学を出たての私にとって、子どもたちとのふれ合いは、毎日がカルチャー
ショックの連続でした。
寂しさのあまり、乱暴になって、理由もなく蹴ったりつねったりする子もいれば、貸出しカウンターにへばりついて長時間
話し続ける子や、抱きついてくる子…。どの子どもたちも忘れられません。
そんな中、最も記憶に残っているのが「たけちゃん」です。
たけちゃんと最初に会ったのは彼が小学校2年生のとき。私はその図書館に4年間おりましたので、5年生までのおつき
あいでした。まん丸メガネに、折れそうに細っこい手足、真冬でも半ズボンをはいて。ちっちゃくて、かわいくて、思わず抱
きしめて、ぐるぐるまわしたり。
いつも図書館の入り口の前に立って、「とーちょーかーん、あいてますかー」と、明るくかわいらしい声でにこにこ笑いな
がら、やってきます。彼のお気に入りは「どうながのプレッツェル」という絵本。「ひとまねこざる(おさるのジョ-ジ)」でおな
じみの絵本作家レイ氏による、ダックスフントのおはなしです。
犬のプレッツェルは胴がとても長くて、ドッグショーで優勝するほどの立派なダックスフントです。プレッツェルは、向かい
の家の小さなダックスフント、グレタが大好きで、お得意の「パンのプレッツェルそっくりになる芸当」を披露したり、ボール
をあげたり、彼女の気を惹こうとがんばります。でも、グレタは知らん顔。ところが、ある事件をきっかけに、プレッツェル
はグレタの愛を勝ち取るのです。
たけちゃんは、図書館に来るたびに「ぷれっちぇるのご本!」と、私に要求します。たけちゃんは、ダウン症で「プレッツェ
ル」とうまく言えません。でも私は彼のかわいい声が忘れられないのです。だから、私のなかで、この絵本は永遠に
「ぷれっちぇる」なのです。
残念ながら、たけちゃんはお母さまが事故で亡くなられたため、おばあさまのお宅へひきとられていくことになり、学年
途中で転校していってしまいました。突然のことで、お別れも言えずに・・・。
工房の名前を何にしようかと考えていたとき、私は自分のルーツである図書館にちなんだ名前にしたいと思っていました。
たけちゃんの思い出を大切にしたいという気持ちから、工房名を決めました。
小さな図書館で、私に毎日癒しの時をくれた、たけちゃん。今度は‘ぷれっちぇる’が皆様のたけちゃんになれますように。


©自然派パン工房ぷれっちぇるAll Rights Reserved


 
 
  Profile